今回は、動画のお話ではないです。

今回は、“facebookの個人ページ”のお話。

実は、facebookの個人ページの仕様変更はプロフィール動画だけじゃありません。

今、個人ページってこんなに変更されていることにお気づきでしたか?

IMG_2266

 

現在、iPhoneからfacebookの個人用ページをみるとこのように変更されています。

基本データの下に“注目の写真”を5枚表示させることができます。

「えー、すご~い!

じゃ、この間お友達といったおしゃれなお店でのランチの写真をのせよう。

だって、本当におしゃれなお店だったから。」

…(^^;;

それも良いですが、エレガントに稼げるようになりたいならここをお仕事アピールに使わない手はないのではないでしょうか?

お仕事でのベストショットや、“これは必ず伝えたい!”という写真を載せるのはなんてどうですか?

視覚情報は、五感の中で最も優勢で約83%の割合を占めています。

しかも、理性を通り越して感情にダイレクトにアピールします。

人は、情報の質を倫理的、道徳的な良し悪しよりも、感情的な“好き嫌い”の方が影響します。

感情を刺激する視覚情報、効果的に使いたいですね。

ワタシは、動画をつくる人で、動画をつくれるようになりたいという人向けのセミナーをやっていて、ご依頼いただければ動画もつくります。

YouTubeチャンネルも持っています。

そして、焼肉好きなところもアピールしたくらいにして…(照)

ただ、静止画よりも動画の方が感情と記憶にアピールしますよ。

最後までお読みくださりありがとうございます。

松原永美里でした。